活動の様子


第33回奈良仏像彫刻展 奈良県文化会館
(2013年5月4日〜5月6日)

会場風景

全景

松久佳遊院長、会員と虚空蔵菩薩

龍泉寺野見観音御前立と住職檀家の人々 柚山先生と会員

東日本大震災復興祈願奉納仏 29体

 

5月4日14時から
松久佳遊院長お話「仏師の家に生まれて」

概要

祖父(朋琳先生)は九条山に父母は三条にいた
父(宗琳先生)は26才頃より河井寛次郎先生の教えをうけ宗琳先生自身の美意識を作り上げた

  1. 決められたものは何もない自分で決めよ
  2. のみの用法に2通りあり

「ギリギリまでとる」、
「無意識に彫りだしたもの」

5月6日14時から
作仏体験

今回は一人ずつ会員がつき、かつ全体を同時進行できるように工夫しましたのでお客様に満足いただけたのではないかと思います