活動内容

講師

上本法蘊慶舟

講師略歴
大阪大学工学部修士課程を卒業、1972年京仏師 故松久朋琳、宗琳先生に師事。
正暦寺にて得度法名 法蘊、現在奈良県美術協会理事。
宗教芸術院奈良支部の講師を32年にわたり務める。
天理市駅前の「平和の煌き像の天女」の作成、奈良市、大和高田市等の寺院に仏像を納入。
各地の寺院で仏教美術を学と共にやヨーガ、瞑想を実践。
世界各地を旅し仏教文化の源流を探訪する中で感じた事を作品にしています。

活動状況

奈良はシルクロードの終点であり素晴らしい仏様がおられます。
私達はこれらを観て感動しまた国内外を旅しそれを作品にしていきたいと思っています。

1.初めての方には基本の説明をします

仏像彫刻とは 
見て感動する(宗教的情感、慈悲)形の美しいこと、人体の美しさを感じる事
仏像の起源
お釈迦様の生涯(誕生、悟り、説法、涅槃)を解りやすく説明します
お釈迦様入滅後500年後に仏像が誕生したわけ
仏像の種類
誰でも仏像を彫れる方法 ・・・賽割法

2.通常の授業

基本的にマンツーマンですがその人の好みに応じて調整します。
先輩方にも経験の深い方がおられますので気軽に相談してください。
私を含め皆が先生であり生徒でもあると思っています。

3.授業が終わると皆でお掃除をします

4.教室風景

般若心経をあげ、心を引締め制作にかかります 

5.展覧会風景

毎年春には奈良県文化会館で展覧会をします 

6.海外研修旅行 7.毎年秋には全国の支部が集まり京都展が行われます 

(スリランカ) 


8.秋には研修会が行われます 9.年末には縁起物として干支を作ります

(寒霞渓にて)

(辰)

教室

 船橋 フロム・ワン (近鉄奈良駅より徒歩10分)
 
 Yahoo! の地図で見てみる→
 〒630-8114  奈良県奈良市芝辻町1-21 
  Tel/FAX 0742-26-4722